読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日100文字

100文字の駄文

人を間接的に殺害できるかもしれない方法(犯罪ではない)

低身長ネタ クリスマス クリぼっち

↓コッチを最初に読んで

 

↓ついさっきコッチを読んだ

 

上記の記事を読んでジョジョ4部のラスボスのスタンド……キラークイーンの第三の爆弾『バイツァ・ダスト』という能力について最近考えていたのを思い出したのだが……

 

まず『バイツァ・ダスト』の能力説明として……

 

・任意の相手(非スタンド能力者)に憑依させ自分の正体を探ってくる者を自動的に爆破する(バイツァ・ダストに気づいた時には手遅れ)

 

・爆破と同時に時間が1時間ほど戻り、正体を探った事象そのものがなくなる

 

・一回爆破された者は『運命』が固定されラスボスが『バイツァ・ダスト』を解除しない限り爆破の『運命』から逃れられない

 

という能力だ。

 

 昨日(一昨日)ジョジョ4部の最終話でラスボスは見事に倒されてしまったが、別にジョジョの話がしたいわけではない。

 

 『バイツァ・ダスト』という能力を現実に再現できるかということを最近考えていたのだ。

 

 もちろんスタンド能力なんてものは現実にはない。

 

バイツァ・ダスト』の能力の内、時間を1時間ほど巻き戻すという能力はどう考えても現実では再現できないので除外する。

 

時間を巻き戻す能力は再現できない以上、事象そのものをなかったことにはできないが……

 

要は自身の正体を探られずに間接的に特定の人間を殺害できるのか?

 

その答えが

 

『恋人はサンタクロース』

 

である。

 

有線のラジオで曲がかかっているのを聞いたことがあるくらいで、歌詞を全部把握しているわけではないが、サビの部分はたしかこんな感じだったはずだ。

 

恋人はサンタクロース〜♪ 背の高いサンタクロース〜♪

 

ジョジョ風に言うとこうなる。

 

ユーミンのスタンド!『恋人はサンタクロース』は、クリスマスを一人ぼっちで過ごす背の低い男を自動的に大変ダウナーな気分にさせて自暴自棄にさせる! このスタンドに憑依された後にクリスマスシーズンに外出すると非常に死にたい気分になる! 場合によっては死の『運命』を自由意志で選択させる! スタンド能力者が死亡した場合もこのスタンドはクリスマスシーズンに作動し続け、クリスマスを一人ぼっちで過ごす背の低い男を常に追い詰める! 身長が成人後に伸びることはほぼないため、背の低い男は自身の『運命』から逃れることはできない! またサンタクロースは架空の存在のため、サンタクロースを攻撃することは不可能である! あくまで『恋人はサンタクロース』であり、恋人がおらず背の高いサンタクロースにもなれない背の低い男は自身の『運命』を受け入れる他ない! サンタクロースではなく世間の恋人たちを攻撃すると牢屋行きになる……。

 

バイツァ・ダスト』とは若干違うが……間接的かつ特定の人間を逃れられない『運命』で完全に呪縛している。しかも気づいても反撃できない。

 

もちろん犯罪ではない。

 

音楽に限らず、流行りものは何らかの力を持っているから怖いな〜と思いました(適当)

 

 

 

 

 

異世界の冒険について考える①

書きたいテーマ 異世界妄想

異世界に召喚された場合、自分の場合欲しいのは

石窯

である。

今期のアニメのドリフターズは偉人異世界召喚だが、そこらにいる現代の凡人が着の身着のままで中世レベルの異世界に召喚された場合、リゼロのスバルみたいな死に戻りの能力でもない限り、

1.道中で盗賊に追い剥ぎにあう……悪ければ人身売買

2.道中で未知の獰猛な生物と遭遇して喰い殺される

可能性が高いように思う。

よってまず必要なものは

武器

である……

中世レベルなので常日頃から身体を鍛えている青年が召喚されれば、武器さえあれば数日は生き延びられるかもしれない。

武器を最初から持って召喚されるのがはるかにベターだが(武器を普段から所持している奴って……)もし武器がない場合は武器を作る必要がある。

最初のうちは投石に頼ることになりそうだ。

野球少年だったら石をぶつけて異世界に住む生物を殺して捕食できるかもしれない。

そこらへんに生えている植物や菌糸類を食べれるといいのだが、いかんせん毒が含まれている可能性がある……。

生物の肉ならを得られれば食中毒にかかる可能性は格段に減るはずだ……確証はない。

ただ火打ち石やきりもみ式で火を起こす場合リスクがある。

立ち上った煙で盗賊や獰猛な生物が寄ってくるかもしれないからだ。

だからさらなる武器が必要だ。

石を削って石製のナイフを作るのは結構骨が折れるがナイフに向いた石を見つける時間を合わせて2日くらいで完成させたい。

石製のナイフができれば木を削って木の槍を作れる。

近くに蔓状の植物があればもしかしたら木の弓を作れるかもしれない。

まず武器を完成させてから火を起こす方がいい。

(②に続く) 

 

 

 

 

武器―歴史,形,用法,威力

武器―歴史,形,用法,威力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔法がすでに解けた大人が魔法の法則でググる日々

魔法って何 書きたいテーマ

異世界に行って魔法使いの弟子になる話を書こうと思ったが、そもそも論で……

魔法ってなんだ?

非科学的なものが魔法なのだろうか?

なら疑似科学と魔法の境目がないと書くのに難儀しそうだが……べつにオカルトを解明したいわけではない。

なら規則性や再現性を作るのは無意味?

現実に存在しない架空の現象は読者の想像力で生み出されるからセンス・オブ・ワンダーとか呼ばれるのかなと……なんとなく。

話は変わるが、絵を描く際に最も必要なのは脳内イメージの力で、これがないと対象を見ながら模写やデッサンはできても自分自身の絵を生み出すことができない。

……とはいえ読者に想像ばかり強いる話は今更不可能だと思うし、書ける気もしない。

子どもの頃はハリポタを夢中で読んだ気がするが、今読むと設定の粗が目立つ気がする。(残念ながら読み返したわけではないが……設定云々以前にあの頃のワクワクはないと思う)

ハリポタではないがダレンシャンが最終巻に近づくにつれて(最後まで読んだが内容はもう覚えてない)

なんかダレンシャンつまんねーなとぼんやり思ったのは俺の精神的成長と不可分ではあるまい。

中卒の脳味噌でも現実にありえない現象が出てくる本を愉快に読むことができなくなってしまう。

高学歴の人だとなおさらだろう……だからSFとかを書くんじゃないだろうか。

魔法に実在感のあるディテールを持たせたいだけなのだが……どうにもいい方法を思いつかない。

【1日100文字】

ノルマ達成!


本を読むときに何が起きているのか  ことばとビジュアルの間、目と頭の間

本を読むときに何が起きているのか  ことばとビジュアルの間、目と頭の間